Vicky Bread おいしさのひみつイメージ

パンの美味しさ3つのヒミツ

全ての味の決め手『酵母』

パンは料理と違い、生きています。

パンの声、つまり、イースト菌をはじめ、天然酵母などによる熟成度合を Vicky のパン職人は聴き分け、微妙な変化に合わせてパン作りをしています。
これが、パン本来の甘み・酸味・風味の決め手となります。本当に小さな声ですが、その声が、パンの美味しくなる最高のタイミングなのです。
パンは、こっそり私達に教えてくれます。

全ての味の決め手。『酵母』(イメージ)

パン職人がこだわりぬいた『素材』

小麦粉・水・卵・牛乳・バター。

すべての素材本来の良さを最大限に引き出すのが Vicky のパン職人です。厳選した食材を使用し、パン職人の長年の経験を活かし、今までにない風味豊かなパンが出来上がります。
納得したパンしか出さない。これが、パンとお客さまへの愛情です。

VICKYパン職人がこだわりぬいた、『素材』(イメージ)

美味しいパンのキーポイント『温度』

シンプルな材料から生まれるパンは、毎日の天候や季節・作る日の状況によって簡単に味が変わってしまいます。

だからこそ、気温や温度など常に配慮し、その日に一番適した生地を作る事で、美味しいパンが生まれてきます。『美味しいパンを食べてほしい』という想いが、カタチになる瞬間です。

美味しいパンのキーポイント。『温度』(イメージ)

’フワッ’、’パリッ’を実現した、道具のヒミツ

ドイツ・バハテル社製オーブン
『ピッコロ』を採用。

美味しいパンを追求し、辿り着いた究極のオーブン。

Vicky Breadでは、北陸でも珍しいドイツ・バハテル社製のオーブン『ピッコロ』を採用しました。

従来のオーブンの場合、パンの中まで焼く時間が長くかかるほど、外皮が厚くなりがちでした。対して『ピッコロ』は’ステアー・システム’という「中から火を通す」オーブンとなっています。

この’ステアー・システム’により、パン本来の旨味を最大限に引き出しながらも、中は’フワッ’と、外皮は軽くて’パリッ’とした、最高のパンに焼き上げます。

ドイツ・バハテル社製オーブン『ピッコロ』の採用。(イメージ)

スープのおいしさの3つのヒミツ

レストランのシェフが作る
『フォンドヴォー』

Vicky Bread のフォン・ド・ヴォーは、迎賓館ヴィクトリアのシェフが創意工夫し、パンに合わせたスープをオリジナルで作り上げました。
結婚式だけではなく、レストランで培ってきた一流シェフが作り出すフォン・ド・ヴォ―は、Vicky Bread とのコラボレーションによって実現した、“パン×スープのマリアージュ=最高の組み合わせ”を生み出しました。
こだわりのつまったパンとスープ。誰もが笑顔になれる逸品です。

レストランのシェフが作る、『フォンドヴォー』(イメージ)

愛情を込めた『8時間』

丸鶏、牛すじ、香味野菜、スパイスなどを惜しみもなく使い、“8時間”かけて作ったブイヨン。

手間を惜しまず、素材のおいしい部分だけがスープにしみ込むよう、愛情を込めて作るからこそ引き出される旨みに美味しさが詰まっています。食べた瞬間“ホッ”とする温かさが、スープのとりこになる瞬間です。

愛情を込めた、『8時間』(イメージ)

地産地消にこだわる『野菜』

提携農家で栽培された野菜。

徹底的に素材にこだわるからこそ、シェフが自ら農家さんと話をし、一番旬の食材を使用する事で、美味しいスープが出来上がります。

野菜本来の旨みがスープに溶け込み、最後の一滴まで堪能したくなる、‘食べるスープ’の完成です。

地産地消にこだわる、『野菜』(イメージ)

ジャム・ドレッシング

迎賓館ヴィクトリアのシェフが、素材にこだわり、
手間ひまかけて一から作り上げたジャム・ドレッシングは、
パンだけでなく、お料理や隠し味としても使用でき、
迎賓館ヴィクトリアの味をご自宅でもご賞味いただけます。

安心・安全を第一に品質の高い商品のラインナップです。

~アレンジ自在の万能ドレッシング~
[ドレッシング]
キャトルペッパー・レモンコンフィ

キャトルペッパーは厳選した4種の胡椒をホールから砕き、香り・酸味・さわやかさを引き立てる独自のブレンド。レモン果汁たっぷりのさわやかな酸味が料理の風味を引き出します。リピーターが多いドレッシング2種の詰め合わせ。

〜素材の味が際立つ贅沢な逸品〜
[コンフィチュール]
バラ・マンゴー・パイナップル

優雅な香りに包まれるバラジャムをはじめ、果実の恵みを丸ごと感じるコンフィチュール。新鮮な果実のみを使用し糖度バランスやなめらかさを出すための手間を惜しみません。ギフトやご自身へのご褒美として人気のある3種詰め合わせ。