~ 幸せな時間を過ごすパン ~

〜 お客様の気持ち 〜

相手の笑顔が見える、パン

扉を開けると、そこにはバターの香ばしい香り。
選び抜かれた食材に、厳選したキラキラと輝くパン。

味を想像し、楽しみながらパンを選ぶお客様。そのパンが口に入るとき、思わず微笑んでしまうくらいの喜びが訪れる。それが Vicky Bread のパンなのです。

買う人の気持ち(イメージ)

〜 受け取る人の気持ち 〜

必ず誰かに伝えたくなる、パン。

おいしいものや、素敵なお店に出会ったとき、
『あの人に伝えたい!』と思った経験はありませんか?
渡した人と一緒に食べながら会話に花が咲き、幸せな時間を過ごしていただきたい。

そんなパンへの想いを込めて創り出しています。必ず伝えたくなるパン、

それが Vicky Bread の目指すパン創りです。

受け取る人の気持ち(イメージ)

コンセプト Vicky Bread の想い 中川真人

365日24時間パンの事を考える。朝起きてから、ベッドに入るまで。寝ても覚めても、常にパンの事を考えてしまいます。
その温度や湿度、パンはいきものだからこそ、一瞬の隙もなく目を光らせていなければ最良のものは出来上がりません。ただ、それと同時にワクワクする気持ちが自分とパンとの距離を縮めてくれます。
一切の妥協を許さない。素材や製法の細部にまでこだわり、目で、耳で、手で感じ、今日のパンが最高の1本として仕上がります。
その1本がお客様の笑顔に繋がった瞬間こそが、私が笑顔になる時間(とき)です。